資格

仕事に役立つ資格

メニュー  
仕事に役立つ資格
 
今や資格は、ビジネスマンの武器です。ビジネスに役立つ資格を持っていれば、仕事の幅が広がる
だけではなく、会社によっては給与アップも期待できます。
資格の中には、以外に簡単に取得できるものもありますので、自己啓発のためにも、これはと思う
資格の取得に、ぜひ挑戦してみてください。
 
秘書技能検定 スケジュール調整、電話の取り次ぎ、来客の対応、事務処理、およびビジネスの基本常識など、秘書としての能力が身についているかどうかを審査する文部省認定の資格試験。
文書処理能力検定 オフィスでの書類作成などに不可欠なワープロの操作能力を審査する検定試験。入力の正確さや、漢字、熟語の知識、作表など多方面の能力が求められる。
計算実務能力検定 経理・財務部門で求められる現金出納や入出金伝票、有価証券、株式など、帳票計算関係の技能を4段階で判定。経理担当者だけでなく、企業人であれば持っておきたい資格。
簿記検定 簿記とは、企業経理における現金の収支、決済等の事務処理を行うための技術。簿記検定には1〜4級まであるが、会社の経理部門で働く人は、ぜひ2級以上を取っておきたい。
商業経済検定 商業や経済に関する総合的な知識や能力を判定する、文部省後援の検定試験。対象は商業高校の在学生から一般人まで。将来、ビジネス関係への就職を考えている人には、有利な資格。
電卓計算能力検定 電卓をどれだけ速く、より正確に使いこなすことができるかを判定する検定試験。試験は4級から1級、さらに十段まである。現代版の算盤検定。特に経理部門で要求される資格。
硬筆書写検定 美しい手書き文字を、実技と知識の両面から審査する文部省認定の資格試験。ワープロ文書が普及したとはいえ、手書きすることも多いので、持っていてもいい資格。
証券アナリスト 経済の動向や、調査対象企業の売上高や利益率などの財務状況関連情報を収集・分析して、投資家に対しその企業の投資価値を評価・判定・推奨するスペシャリスト。
中小企業診断士 中小企業の経営状態を総合的に判断し、販売管理、労務管理、情報合理化などのための、多角的なコンサルティングを提供する。中小企業経営者にとっては、頼もしい相談役。
消費生活アドバイザー 消費者に対する企業の窓口を担当する。消費者からの苦情や相談に応えて、消費者の意見を会社の商品開発やサービス向上に役立てる。幅広い生活関連知識が求められる。
アプリケーション
エンジニア試験
業務用のコンピュータシステム開発において、具体的なプログラムの分析、計画・設計を担当するアプリケーションエンジニアの技量を判定する試験。情報システムの実務経験と知識が必要。
情報処理技術者試験 コンピュータのスペシャリストをめざす者にとって、第1の目標となる資格。取得者は情報処理技術に関する高度な技術を保有していることの証明となる。第2種と第1種がある。
システム
アドミニストレータ
利用者の立場から、市販ソフトを中心に業務用のコンピュータシステムを使いこなすことをめざす資格。初級と上級があり、上級はプロジェクトリーダーとしての技能も期待される。
電気工事士 住宅などの作業現場で、配線や設計などの電気工事を行うための資格。第2種と第1種があり、第1種は500kw未満の自家用電気工作物の工事を行うことができる。
ラジオ・音響技能検定 音響器械の設計・調整・修理に必要な電子回路技術、無線通信理論、アナログ技術などのエレクトロニクス技術や、電波法規などの専門知識を認定する文部省の検定試験。
非破壊検査技術者 構造物などの検査対象物を、放射線や超音波などを使うことで破壊せずに検査する技術者の資格。技能の高さ、幅広さにより1種から3種、特急まで、4段階にステップアップしていく。
溶接作業者 溶接作業者の技量を判定する資格。試験は溶接方法、材料、姿勢などに区分されている。基本級と専門級があり、実務経験3か月以上、または6ヶ月以上で受験できる。
ボイラー技師 ボイラーの運転、点検、安全管理などを任される資格。取り扱えるボイラーの大きさによって、2級、1級、特急の区別がある。1級になるとビルのセントラルヒーティングも扱える。
危険物取扱者 引火性、発火性のある危険物を取り扱ったり、管理を行う人のための資格。危険物の種類により、甲、乙、丙の3種類資格がある。甲種は危険物のすべてを扱う。
衛生管理者 仕事場で健康管理、作業管理、作業環境管理に従事する人のための資格。工業的業種のための第1種と、非工業的業種のための第2種(第1種でも可)の2種類の資格がある。
建築士 学校、病院などの特殊建築物や鉄筋コンクリートづくりなどの建築物の設計、施工管理を担当できる。建築物の規模により、1級と2級がある。1級は500uを超える特殊建築物を扱える。
インテリア
コーディネーター
カーテン、壁紙、照明など、住宅からオフィスまで、総合的なインテリア環境をアドバイスする仕事のための資格。知識とセンスが決め手。女性にも人気が高い資格。
宅地建物取引主任者 住宅や土地建物の売買、交換、貸借の代理や媒介など、不動産仲介にかかわる仕事をするための資格。契約時の重要事項説明は、資格保有者のみが行うことができる。
国内旅行業務取扱
主任者
国内旅行の企画、スケジュール、交通機関や宿泊設備の手配、広告、契約など、旅行業務全般にわたる資格。旅行関係会社への就職希望者は、取得しておくと有利。
 
 
 
  
ビジネスマナー習得ガイド
 
身だしなみ
自己紹介
おじぎ
名刺交換
電話対応
訪問と来訪
社内マナー
社外マナー
ビジネス文書
テーブルマナー
席次ともてなし
冠婚葬祭
 
仕事に役立つ資格
 
おすすめサイト(リンク集)
リンクについて
 *相互リンク募集中!*
 
↑このページのトップへ↑
Copyright (C) ビジネスマナー習得ガイド All Rights Reserved